管理薬剤師 > 管理薬剤師が調剤薬局で求人を探す場合

管理薬剤師が調剤薬局で求人を探す場合

薬剤師の耳にすると頭に浮かぶのは調剤薬局で働くシーンではないでしょうか?実際には一般企業で仕事する薬剤師・ドラッグストアや病院で勤務する薬剤師がいます。薬剤師の中には転職を希望している管理薬剤師もいると思います。
パート薬剤師の悩み、職場における人間関係…

ここでは、調剤薬局で求人を探す管理薬剤師へのアドバイスをまとめてみました。

調剤薬局で勤務する薬剤師の仕事のメインは病院で処方箋を受けた患者様にお薬の調剤をすることです。 管理薬剤師を経験していると多くの求人が期待できます。 なぜならば「調剤薬局では管理薬剤師を置くことが薬事法で義務づけられている」からです。

患者様に対する調剤業務以外にも管理薬剤師として、こなさなければならない業務が日常的に発生します。 管理を主に目的とする管理薬剤師の存在は調剤薬局にとって大切です。 他の薬剤師に対する教育・指導・管理はもちろんのこと薬剤の在庫チェックや事務的な仕事も多くなります。

とりわけ近頃の新薬開発は目覚ましい成長を遂げており薬剤師はそれに応じてたくさんの知識を要求されるので常に勉強しなければなりません。こういった知識や使用方法が正しいかどうかを管理薬剤師はチェックしなければなりません。管理職と言ってもさまざまな勉強が必要です。

管理薬剤師の仕事そのものはどんどん増えてきており多忙を極めますが、それぞれの調剤薬局で求められている役割は異なります。職場によっては、ゆとりがある管理薬剤師もいますし、どこまで職務を任されるかは人それぞれです。

調剤薬局の管理薬剤師の求人に応募する場合には職務内容をきちんと確認をしましょう。 それを怠ると転職してから仕事量の多さを認識することになり「こんなはずでは……」となってしまいます。

以上が調剤薬局で求人を探す管理薬剤師へのアドバイスです。 職務内容から管理薬剤師としての手当がつくケースが多いでしょう。 給与面でも好待遇の求人も多いでしょう。 管理薬剤師として転職する場合は職務内容をしっかり確認し、できるだけ好条件の求人を探しましょう。

岩手県薬剤師会

管理薬剤師の勤務時間事情

管理薬剤師とはその売り場や薬局などにおいて責任者としての立場にあります。 そこで気になってくるのが勤務時間の問題ですよね。

あまりにも勤務時間が短いと、長時間店に薬に関する責任者がいないことになってしまいます。 そもそも管理薬剤師というのは薬事法によって定められている存在で、薬局などには必ず管理薬剤師を置かなければなりません。

勤務時間に関しては、正式に定められています。 それは、週に40時間以上勤務しなければならないということ。

また、管理薬剤師として働く方は営業時間中は常駐している必要があります。 そのため、どうしても残業などに繋がりやすい職種だといえるでしょう。

薬剤師のキャリアアップを目指すために管理薬剤師の仕事に就く方もいますが、こういった特徴についても理解しておかなければなりません。 ただ、こういった決まりがあるため、管理薬剤師はとても高収入だといえます。

薬剤師というだけでも時給は高いのですが、そこに管理薬剤師の手当がつき、勤務時間も長いということであれば、収入が高くなるのもうなずけますよね。

管理薬剤師として働きたいと思っているものの、業務終了時間はできるだけ早いほうが良いと思っているのであれば、閉店時間が早めに設定されている店舗を選択してみてはどうでしょうか。

最近ではかなり長時間営業しているドラックストアも増えてきましたよね。 そういった店舗を選択してしまうと、どうしても勤務時間は長くなってしまいます。

自分に合った職場探しをするためにも転職支援サイトの力を借りるという方法がおすすめです。 インターネット上から気軽に利用できるというのも魅力なので、一度も使ったことがないという方も試してみてはどうでしょうか。

管理薬剤師として働きたい、福利厚生が充実している職場を選びたい、○時までには帰りたいというように希望する条件が多くなればなるほど、該当する職場は少なくなってしまいます。 ですが、薬剤師専門の転職支援サイトを利用すれば希望条件に合った職場が見つかる可能性も高くなるため、積極的に活用してみてはどうでしょうか。

薬剤師とコミュニケーションの関係

良い薬剤師とは患者の立場に立ってコミュニケーションが取れる人だといわれています。 ですが実際にはそれはとても難しいことですよね。

まず、薬剤師にとって病気やけがをした患者さんと触れ合うのは日常的なことです。 それに比べ、患者さんからすれば薬剤師と接するのは日常的なこととは言えません。

この時点ですれ違いがあるため、完全に患者さんの立場に立って物事を考えることは難しいでしょう。 ですが、信頼される薬剤師になるためには患者さんに近い目線に立ち、対応をする必要があります。

同じ病気の患者さんだったとしても、一人一人症状や悩み、気にしていることなどは違いますよね。 当然ながら患者さんごとに対応や説明の仕方も変えるべきです。 そのためにも必要になるのがコミュニケーション能力だといえるでしょう。

患者さんと深く話をすることによって、何を求めているのか、どういった対応をすると喜んでもらえるのかなどが想像しやすくなります。

話をしていく中で、患者さんがどのようなことを不安に思っているのかがわかれば、対応の仕方も変わってきますよね。 もしかしたらその中で、隠れている病気の発見などにもつながることがあるかもしれません。

これから薬剤師として活躍していきたいと思っているのであれば、コミュニケーション能力も磨いてみてはどうでしょうか。 患者さんとの心の距離を縮めることができれば、頼りになる薬剤師として活躍することができるはずです。

世の中では様々な医療事故や事件が報道されますが、それによって医療不信が強まってしまうこともあります。 そんな中で、患者さんに薬を調剤する薬剤師は常に信頼される存在でなければなりませんよね。

調剤をする行為は薬剤師にとって日常的ではあったとしても、患者さんにとって薬を飲むことには多少なりとも不安がつきまとうということを理解しておくことが大切です。 だからこそ安心して薬を飲むためにも薬剤師の説明はとても重要な意味を持っています。