薬剤師になるための条件とは?

薬剤師になるには

薬剤師になる必要な条件としては薬学部を卒業することが必要になってきます。そして、どこの薬学部に入学するかを考えた時に国公立大学が私立大学かでどちらを選択するか早い段階で考えておく必要があります。

まず勉強以外の部分を考慮すると学費を考えた場合には国公立大学がお勧めです。 私立大学の方は入学金や学費が高いですが、国公立大学に比べれば合格率も高くまた就職率や国家試験の合格率が高いと言われています。

なぜそこまで国家試験での合格率が高いかというと国家試験の合格率が大学としての知名度や信頼度を左右するので国家試験に落ちてしまいそうな学生は卒業試験でも受からないようにしているケースが多くて卒業と同時に、国家試験に受かっているという実績を大学としては残したいのでそういったことが多くなっています。

では、国公立大学の国家試験の合格率はどうかというと私立大学と比較するとやや低いようです。理由としては目指すべきものが私立大学の学生と若干違うからです。国公立大学に進む学生の傾向としては薬剤師よりも大学時代に研究を熱心に行って卒業後は製薬会社に勤めたり、医薬品の研究の行いたいと考えている人が多いからです。

あくまで割合なので、国公立大学を出ても薬剤師になる人も当然います。 国家試験の日が研究の大事な時と重なってそちらを優先するという場合もあったりします。 自分の将来の目指すべき方向性を考えてから国公立大学が私立大学を選ぶと良いでしょう。

国公立大学ならほぼ全ての教科を勉強しておく必要があります。私立大学なら必須科目は英語数学、化学になるのでここを重点的に勉強しておく必要があります。勉強の仕方については他の学部の大学と同じようにひたすら、過去の問題集の繰り返しが必要になってきます。

勉強して想定される問題をすべて、答えられるような状態にしておくとベストです。国公立大学の場合は過去のセンター試験の問題集が発売されているのでそれを勉強しておくのも良いでしょう。