履歴書作成で注意すべきポイント

薬剤師の履歴書・職務経歴の書き方

薬剤師として転職や就職を考えている方は履歴書や職務経歴書の作成をするかと思います。その際に重要なポイントをいくつかご紹介したいと思います。 まずその前に薬剤師として必要というよりも一般的な常識の部分を理解しておく必要があります。

まず履歴書に使う写真ですが、スピード写真やデジカメでの写真は使用しないようにしましょう。またその際に私服ではなくスーツを着てしっかりと正面を向き枠の中心に収まっている写真を使うようにしましょう。 もちろん写真が貼られていないのは話になりません。

そして履歴書や職務経歴書では修正液を使用しないで記述しましょう。もし失敗しても紙が無駄とは思わないようにして失敗のない記述のものを提出するようにしましょう。 また字が上手い下手は当然あって仕方ないのですが、丁寧に書くことだけは忘れないようにしましょう。

そして記述は必ず自分の手で書いてパソコンでの入力はやめましょう。 ここまでは一般的な常識のことです。しっかりと押さえておくようにしましょう。

ここからは過去に薬局や病院に勤めていた人に注意してほしい点です。 まず、転職の際には職務経歴書の中には勤めていた詳細を記載するようにしましょう。 例えば、田中医院と記載しただけでは全国にたくさんある可能性があります。正式名称や住所等の記載をしておくと良いでしょう。

そして自己アピールですが、いわゆるテンプレート的なマニュアル通りの回答は必要ありません。 自分がどういった経験をこれまでしていて、その経験をどのように活かせるのかといったことを具体的に記載する必要があります。

薬剤師としての仕事だけではなく現場を仕切っていたことやスタッフへの作業指示などマネジメント部分でも経験があるのならそれも記載した方が十分自己PR になります。 採用担当者は学歴などよりもそういった今現在どのような能力があるのかというところを一番重視して目を通します。そういった細かい部分にも気を使って履歴書と職務経歴書を作成しましょう。